読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Make It Funky!!! bass method

ベースレッスン 機材レポートなど

リズムトレーニングのススメ2 

リズム感を磨くにはどうするのか?
 
という話ですが、自分個人のスキルを伸ばすという意味において
必ず用意していただきたいのが【メトロノームです。
 
 
 
 
 
ふっ。。聞いただけで嫌になるぜ。。。
 
 
なんてことは言わないで下さい。
 
 
 
「もちろん持ってますとも!」と言う方はそれを活用していただくとして。
「持ってない。」と言う方は是非用意して下さい。
 
1,000円前後で売られている電子メトロノームなどで結構です。
多機能でなくて良いんです。
 
最近ではスマホアプリもありますしね!
 
アプリの場合、気をつけていただきたいのが。
 
広告の出ない物
 
を選んで頂きたいという点です。
何故かと言うと、主に広告が切り替わるタイミングでテンポが乱れる物が多いからです。
 
 
 
特に無料のものに多いように思います。
 
それ、メトロノーム違いますやん。
 
まぁ、無料ですからね。
 
 
有料のアプリか無料でも広告表示のない物にしましょう。
有料と言えど、数百円の出費なので余り渋らないで下さい。
 
きちんと使い続けるのであれば、その費用対効果は
並みの教則本などよりはるかに高いです!
 
参考までに、いくつか取りあげると、


 
ちなみに製品のメトロノームでは、

KORG メトロノーム MA-1 BKRD ブラック レッド

KORG メトロノーム MA-1 BKRD ブラック レッド


 
 
 

【BOSS】 Dr. Beat DB-30

【BOSS】 Dr. Beat DB-30

 
 
この辺りがリーズナブルで操作も分かりやすいと思います。
 

ギタリストやベーシストならチューナー付きの

KORG チューナー/メトロノーム  TM-50 PW パールホワイト

KORG チューナー/メトロノーム TM-50 PW パールホワイト

 や、
ヘッドホンアンプやレコーダー、その他様々な便利機能の付いている

TASCAM トレーナー/レコーダー ギター&ベース用 GB-10

TASCAM トレーナー/レコーダー ギター&ベース用 GB-10

等も良いかもしれませんね。
予算はあがりますが。。


少し脱線しますが、以前BodyBeat Syncという名前のメトロノームが発表されていました。
音ではなく、振動でテンポを体感でき、ワイヤレスで他のメンバーとも共有出来る。
究極のメトロノーム!の様な宣伝がされていたように記憶しています。
 
確か、かの名ドラマー クエストラブも一時期採用していたという話を耳にして、
俄然試したくなった覚えがあります。
 
えぇ、ただのミーハーですね。
 
お値段もそれなりだったのですが、今もあるのだろうかと思い検索すると出てきました。
 
www.electroharmonix.co.jp/peterson/bodybeatsync.html


Steve Bailey と Victor Wootenの解説動画もあったのですが、
 
解説というか、
 
S氏「なんか面白いもんあるで!」
 
V氏「えっ?まじで!?」
 
と、二人で楽しんでいるだけのような気もしますが。。。
 
 
 
 
しかし、
 
 
生産完了
 
 
 
 
この4文字を見た瞬間、一気に力が抜けたので
メトロノームを使ってどのようなトレーニングをするのかについては次回にしようと思います。








と、思ったら



 
そうそう。コレコレ!

モデルチェンジしたものが現行品で発売されていたようです。


---------------------------------------------------------------------------------
土井ベース教室
 
体験レッスン随時受付中!詳細は下記HPをご確認下さい
 
HP
Blog