読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Make It Funky!!! bass method

ベースレッスン 機材レポートなど

リズムトレーニングのススメ4 ウラクリック

さて、前回は2,4にクリックをならすというものでしたね。
 
 
今回は一般にウラクリックと呼ばれているトレーニング方法です。
 
 前回までと同じフレーズや、日頃弾くことの多いフレーズでも挑戦して下さい。
 
 

Exercise #3

 
今回は一度BPM100で最初の時と同じように4分音符で取って弾いて下さい。
 
 
次にクリックの位置を拍のオモテからウラへ変えます。
注)ウラで鳴るようにメトロノームの設定を変えるのではなく、
ウラで鳴っているように聞くようにして下さい。
 
 
なかなか思うようにいかないときは、
 
1.8分で右手~左手の順にタップする
 
2.左手を強くタップする
 
3.右手のタップを空振りする
 
4.左手(ウラの位置にあった左手の音)とクリック音だけになる
 
5.左手のタップ音をオモテと意識する
 
6.クリック音がウラに聞こえる
 
 
この手順を試してみてください。
 
その感覚をキープしたまま、フレーズを練習します。
 
このトレーニングでは、
つい疎かになってしまいがちなウラに対する感覚をみがく事。
そうすることでオモテ拍の位置を正確に掴み、より安定したリズムで演奏できるようになること。
 
この2点が主な目的です。
 
 
メトロノームをウラで取ろうとすると、オモテ拍は自分で意識しないとメトロノームがウラの位置に居続けてくれません。
 
別の言い方をすると、しっかりと自分で拍を感じ取れているかどうかを非常にシビアに判断してくる鬼教官のような存在としてメトロノームを活用するのです。
 
 と言うと、凄くたいそうなことに聞こえるかもしれませんが。。。
 
 
 
 
あくまで、音ゲーを遊ぶような感覚で楽しみながら取り組んでいただければと思います。
 
 
 
 

 ---------------------------------------------------------------------------------

土井ベース教室

 
体験レッスン随時受付中!詳細は下記HPをご確認下さい
Lessons
HP
Blog

http://blog.with2.net/link.php?1794891

http://music.blogmura.com/musicedu/ranking.html