読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Make It Funky!!! bass method

ベースレッスン 機材レポートなど

ジャムセッション定番曲 Funk編

Webマガジン スタジオラグへおいでやすに寄稿した記事にいくつか手を加えて再投稿したものです。

www.studiorag.com

ライブハウスなどで定期的に開かれているのセッション・ジャムセッションですが、
興味はあるけれども敷居が高そうでなかなか行けない。。
どんな曲をやっているのかもわからないし。
という声をよく耳にします。
実際、一口にセッションと言っても雰囲気はさまざまなので始めのうちは戸惑うことも多いかと思います。

とはいえ、セッションでの定番曲ともいえるような曲がそれぞれにあります。
曲によっては一晩に必ず一回は演奏されているんじゃないか?
と思えるくらいの曲もあるほど。

せっかくセッションに行くなら押さえておきたいですよね?

そんな定番曲をいくつか取り上げておきます。他にも定番と呼べるものはたくさんありますが、一度に全て覚えようとはせず、セッションに行った時に演奏した曲・耳にした曲を少しづつ覚えていき、レパートリーを少しづつ増やしていくのが良い方法かと思います。

 

Ciccy Strut

 
funky METERS - Cissy Strut - live @ Cervantes

METERSの曲です。


"Cissy Strut" from Oz Noy's "Twisted Blues Volume 1" Album. Originally by The Meters!

The Chicken

The Chicken (Studio Version)

Jaco Pastriusが自身のビッグバンドで取り上げた時の演奏が有名ですね。
知られているようで知られていないですがJames Brownのバンドに所属していた、pee wee elisが作曲者でレコーディングもしています。

Cantaloop Island

chameleon

どちらもHearbie Hancockの曲です。

SuperStittin

 

Stevie Wonderの曲です。
オリジナルも有名なのですが、BBAやSRVのカバーに近い雰囲気で演奏することもあります。

Phil X & The Drills — Superstition 1965 Pre CBS Fender Stratocaster

Sunny


Bobby Hebb - Sunny


Pat Martino Trio with John Scofield - Sunny

 

Bobby Hebbがオリジナルです。
この曲と同じコード進行を利用した他の曲もセッションで取り上げられることが多いので押さえておくと良いかと思います。

jesus children of america

 


Stevie Wonder - Jesus Children of America


Soulive - Jesus Children Of America/Stay @ Brooklyn Bowl - Bowlive 5 - Night 7 - 3-21-14

そしてそのSunnyと同じコード進行を活用している例の一つがこの曲です。
原曲はStevie Wonderですが、souliveのアレンジに添った形で演奏することも多いかと思います。

Feel Like Makin' Love

 


Feel Like Makin' Love - D'Angelo


MARLENA SHAW-FEEL LIKE MAKING LOVE.wmv

マリーナショウのカバーが非常に有名ですが、ロバータフラッグがオリジナルです。
この曲も非常に多く演奏されており、インストでも歌モノのどちらでも良く演奏されます。

what's goin on

 
Donny Hathaway What's Going On? Live) 1972

マービンゲイの代表曲です。
ダニーハサウェイのカバーも良く知られており、セッションではそのテイクに沿った
アレンジで演奏されることも多いです。

Isn't She Lovely

 
Stevie Wonder - Isn't She Lovely

Stevie Wonderの曲です。
愛娘aishaに贈った曲としても有名ですね。 

 

 

 ---------------------------------------

体験レッスン随時受付中!詳細は下記HPをご確認下さい

www.shigeaki-doi.com

Lessons

HP

Youtube

www.youtube.com

Blog